イメージ画像

【中国輸入】最強決済システム「SPIKE」の落とし穴

spike-og-lg-ja-8c357a31390d64aaf2abbd862ac8dd1f










これ知ってます?

https://spike.cc/



感のいい人ならこう思うと思います。



「え?これPayPalよりいいじゃん!!」



PayPalを知らない人もいらっしゃると思うので

ざっくり説明しますと



「クレカ決済をWeb上で出来ますよ」



というサービスです。



中国輸入をされている方が多いので

中国からの仕入れを例に出すと



「仕入れ代金をクレカで払えますよ」



ってことです。



クレカで払えるということは

キャッシュフローが良くなり

ポイントも貯まるというメリットがあります。



しかし、デメリットとして

手数料がかかるというものがあります。



金額としては

手数料 3.9%+40円

が、かかります。



さらに

中国人パートナー側が

PayPal残高を「元」で

自分の銀行口座に振り込む際の手数料に

35$(約3500円)ほどかかります。

※この金額は負担してくれる中国人パートナーもたまにいます



といった経緯から

中国人パートナーによっては

PayPalでの支払いを嫌がる人は結構多いです。



で、それに対してこれ

https://spike.cc/



一番下にある手数料見てみてください!



ヤバくないですか?



月100万円まで → 手数料無料

月100万円~月999万円 → 月額3,000円

月1,000円以上 → 超過分のみ2.5%+30円



実はこれ結構前から知っていたのですが

なんだかんだスルーしてました...



ですが、なんと今回の国際送料での支払いで

試しに使ってみました!



使ったみた結果...



「すげー!超使い易い!」

「なんで今まで使わなかったんだ(>_<)」



と思っていたら

2つほど落とし穴がありましたので

シェアします。



1、振込サイクルが遅い

1日~4日8時59分 → 当月末

4日9時~ → 翌月末



これはきつい(>_<)



最長で2ヵ月近くも「立て替え」をしてもらう感じになるので

かなりキャッシュに余裕があるパートナーさんじゃないと

対応できないと思います。



そもそも、そこまでキャッシュに余裕がある人なら

代行業やってないって話です。



2、対応しているのがVISAとマスターのみ

まあこれは問題ない人は問題ないですが

アメックスなど限度額の比較的大きいカードを

メインカードにしてる人も多いので

「惜しい」って感じです。



この2点については

今後改善される可能性もあるので

引き続きチェックしていきますね。



ブログでは書けない内容をメルマガで書くことも結構あるので、まだの方は登録しておいてください♪
http://ishiyy.com/ishiyama_mail_lp/


多くの実力者(トップセラー)の方に「高額塾よりも価値が高い!!」と好評いただいている無料プレゼントも多数ご用意しております!!

Share on Facebook

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ