イメージ画像

工場のリスクヘッジをするべき2つの理由

shinsenb













Amazonのアカウントや販路などについては

「リスクヘッジ」として複数所有している人は

結構多いんじゃないかと思います。



でも、それだけだと足りなくて

販売個数が多い商品がある人は

以下の2つの理由で

「工場のリスクヘッジ」をするべきです。



1、工場が倒産するリスク

オリジナルブランド商品とはいえ

自社で工場を抱えているの訳ではなく

提携先の工場でOME生産している方が

ほとんどでしょう。(ってかたぶん全員そう)



現地で工場をやっている人に直接聞いたところ

毎年30%ほどの工場は倒産しているようです。



商品のトレンドに依存している工場などは

かなり厳しいと思いますよ。



例えば、自撮り棒とかね。



ここ最近は自撮り棒を

使ってる人が激減しているのは

恐らく体感されていると思います。



つまり、あなたが提携している工場が

いつまでも存続するという保証は

どこにもないということです。



市場とか回ってても

つい数か月前まであった店舗が

閉店してるとかザラですからね。



2、製造が追いつかない

月の販売が数千個くらいになってくると

1回の発注数がかなりの数になると思います。



そうなると1つの工場のみでやってると

「発注→製造→・・・→販売→入金」

までの期間が長くなります。

(商品によっては1ヶ月とか)



つまり、

「キャッシュフローがきつい」

ってことです。



これは我々のような資金力が乏しい

零細企業には死活問題であり

絶対に対策を打たなければいけない部分です。



という2つの理由から

弊社は1つの商品に対して

最低でも2つ以上の工場と

提携している次第です。



本日の内容は

まだピンと来ないかもしれませんが

1つの知識として持っておくと

近い将来役に立つと思います。



ではでは!




追伸1

前回のメルマガで

「メーカー直仕入れ」についてのセミナーを

告知したところコミュニティメンバーから

多くの参加表明を頂きました。



その結果、

参加枠の25名のうち

21~22名が現在埋まっております。



ということで

ほぼ枠がない感じなのですが

興味ある方はこちらからお申込みください。


https://www.sellabo.jp/


会場の関係で参加枠の25名は「必須」です。



26人目以降の申し込みの場合は

「ビデオ受講」になりますので

その点はご了承いただければ幸いです。





追伸2

LINE@の友達が526人になりました!!



今日のメルマガに対する質問などは

LINE@にいただけるとすぐに返信できますので

ご登録いただけると嬉しいです。



(LINE@登録方法)

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOK!

⇒ http://line.me/ti/p/%40ishiyy



うまく表示されない場合は以下の①・②のうち

どちらかやりやすいほうでご登録ください!

 ↓  ↓  ↓  ↓

1、スマホでLINEを開いて「@ishiyy」をID検索 (最初の@お忘れなく!)

2、スマホでこのQRコードを読み込む ⇒ http://ishiyy.com/line@



※LINE登録のお礼に「物販ビジネスで使うための資金をつくる方法」という

 18分42秒の動画を自動返信で即プレゼントしています!


※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信しています!


※すでに通常のLINEのほうでお友達になっている方も改めて登録してください!


※こちらからは誰が登録してくれたがわからないので

 スタンプをもらえると登録してくれた方がわかって嬉しいです!




【石山芳和のメールマガジン】
ブログやFacebookでは拡散できない(したくない)内容はメルマガで配信しております。
http://ishiyy.com/ishiyama_mail_lp/


【石山芳和のYouTubeチャンネル】
多くの実力者(トップセラー)の方に「高額塾よりも価値が高い!!」と言っていただいているYouTubeチャンネルはこちらです。
http://www.youtube.com/user/ishiyamanchester

Share on Facebook

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. YMS より:

    工場が閉鎖するリスクというのは確かにありますよね。
    リスクを分散しないと怖いかもしれませんね。


YMS にコメントする

このページの先頭へ