イメージ画像

これは完全に俺が悪い

ダウンロード











昨日は私自身が一番楽しみにしていた

「究極世界転売」の説明会でした。



ご参加いただいた方は

石山がなぜ香港で興奮したのか

ご理解いただけたと思います(笑)



参入障壁が高すぎて

誰もできない手法なので

今回ご参加いただいた方は

マジで運がいいと思います。



我ながら

「超ナイスアシストしたな」

って本当思いますもんw



今後も参入障壁が高く

ネットで探しても出てこないような

素敵な手法で稼いでいる人には

アンテナ張っていきますね。



今回の説明会は

通常コースが無料、VIPコースが5000円

という価格設定だったのですが

無料はやっぱダメですね。



今回申し込んだのに

当日来なかった人が3~4割いたんですよ...



ちゃんと連絡いただいた方はまだしも

当日連絡なしバックレは

大人として普通にヤバイですね。



来なかった人の名前を見て

ブラックリストに入れるとか

そんなダサいことはしないですけどねw



でもまあこれは

完全に俺が悪いですわ。



こんな素敵なビジネスモデルの説明会を

無料にしちゃった俺が一番悪い。



本当にごめんなさい(>_<)



ということで

これから私が関わるイベントは

一生無料でやらないと決めました。



ここで終わると内容が

あまりにも薄いので

非常に大事な「考え方」を

1つお伝えします。



このメルマガをお読みいただいている

ほとんどの方が自身でビジネスをして

お金を稼ぎたいと思っていると思います。



その中で物販ビジネスだったり

中国輸入ビジネスだったりに

「これで俺は稼ぐ」と

コミットされていると思います。



ここまで合ってますよね?



そこで考えてほしいのが

「あなたがやっていることは

参入障壁が高いビジネスモデルか?」

ということです。



中国輸入ビジネスと言っても

色々な手法やビジネスモデルがあるし

情報発信者によってやってることも

言ってることも違うと思います。



情報発信者のポジショントークに

なっていることがほとんどですがね...



そういった情報に惑わされずに

きちんとフラットな目でみて

「自分がやっていることは

参入障壁が高いビジネスモデルか?」

を考えないとダメです。



参入障壁が低い

誰でも出来るビジネスモデルなんて

一瞬で飽和しますからね。



凄くシンプルな「考え方」ですが

これを考えながらビジネスを進めないと

トータルで数千万とか数億とかの

損失が出ますのでマジで気をつけてくださいね。



今自分がやってることを見つめて

現実を見ることって結構ツライと思いますが

ここで一度見直してみてはいかがでしょうか?



「あなたがやっていることは

参入障壁が高いビジネスモデルか?」



ではでは!





追伸

LINE@の友達が403人に増えました!!



直接メッセージいただけると

非常に嬉しいので

どんどんメッセージください!!



(LINE@登録方法)

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOK!

⇒ http://line.me/ti/p/%40ishiyy



うまく表示されない場合は以下の①・②のうち

どちらかやりやすいほうでご登録ください!

 ↓  ↓  ↓  ↓

①スマホでLINEを開いて「@ishiyy」をID検索 (最初の@お忘れなく!)

②スマホでこのQRコードを読み込む ⇒ http://ishiyy.com/line@



※LINE登録のお礼に「物販ビジネスで使うための資金をつくる方法」という

 18分42秒の動画を自動返信で即プレゼントしています!


※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信しています!


※すでに通常のLINEのほうでお友達になっている方も改めて登録してください!


※こちらからは誰が登録してくれたがわからないので

 スタンプをもらえると登録してくれた方がわかって嬉しいです!







【石山芳和のメールマガジン】
ブログやFacebookでは拡散できない(したくない)内容はメルマガで配信しております。
http://ishiyy.com/ishiyama_mail_lp/


【石山芳和のYouTubeチャンネル】
多くの実力者(トップセラー)の方に「高額塾よりも価値が高い!!」と言っていただいているYouTubeチャンネルはこちらです。
http://www.youtube.com/user/ishiyamanchester

Share on Facebook

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ